動画制作の現場はどうなっているのか

国内のアニメへの取り組みは以前から注目されていました。
そして外国でも受け入れられてアニメに関してはイベントも催されたりしています。



紙面としての漫画の外国へ与える影響も大きく日本語をアニメと共にそれで学んだ外国人も多いとされています。


一方でアニメの動画制作現場は低賃金、長時間労働で人材がなかなか育たないとされています。


このことからアジア方面、特に東南アジアや中国、韓国などに仕事を依頼してその分これらの国々がその技術をマスターし、実力をつけて来ている現状にあるとされています。


動画制作は今後も活発化すると見られ国内の専門学校も中国へ行って指導を行ったり子会社を設置したりして仕事を進めているようではあります。
動画制作においてはそういうことを言っていられない速度でこれらの国々はアニメの進歩を遂げて来ています。

最近話題の毎日新聞の情報を知りたい方必見です。

もはや現在は2次元アニメよりも3次元アニメが主流で中国など浙江省にある不動産会社の傘下にこの制作会社を抱えたりして2008年頃から制作を始め長時間ものの3次元アニメも発表しています。



これは長編ものを作ったらどうかという日本側の意見に従って作られたものでこれによって大きな興行収入を得たとされています。
このようなところからうかがえることは海外進出も良いけれど国内のアーチストを育てることも大切であり、一通り3次元アニメに精通するには最低でも10年はかかることを心得ていなければならないことを実感します。